BGAからの簡単パターン接続

豊富なデザインルールチェック機能

デザインルールチェック機能

  • 面単位の1層デザインルールチェック
  • パターン間などのギャップチェック
  • 文字データのデザインルールチェック
  • シルク文字の漏れや線幅、角度などのチェック

特殊デザインルールチェック機能(DFM:製造前チェック)

No.チェック項目イメージ
1一般穴サイズとクリアランスランドサイズの正当性チェックDRC1
2ランドサイズとレジストサイズの正当性チェックDRC2
3パッドサイズとレジストサイズのX方向正当性チェックDRC3
4パッドサイズとレジストサイズのY方向正当性チェックDRC4
5一般穴サイズとレジストサイズの正当性チェックDRC5
6シルクの最小幅チェックDRC6
7結線ランド怪(パタンが接続されているランド)の有無チェックDRC7
8サーマルカットスポーク数のチェックDRC8
9同電位ベタのギャップチェックDRC9
10同電位ベタの幅チェックDRC10
11接続穴と内層クリアランスのギャップチェックDRC11
12パッドオンビアの内層未接続チェックDRC12
13アンテナパタンのチェックDRC13
14シルクとレジスタのギャップチェックDRC14
15パタンの部品端子/ビア中心接続チェックDRC15
16スタックビアの層間ずれチェックDRC16
17パタン重複チェックDRC17
18パタンとパッドの鋭角接続チェックDRC18
19テーパーの有無チェックDRC19
20同電位のギャップチェックDRC20

BGAなどの指定領域DRCが複数設定可能!

BGA

パターンが指定した領域内に入ると自動的に 領域内DRC設定のDRC、線幅、ビアサイズに 変更され、パターンが領域外に出ると基本設定のDRC、線幅、ビアサイズに自動的に戻り ます。

BGAなどの指定領域DRCの複数設定

  • 基板全体のDRC設定とは別に指定領域のみ有効となる領域DRC設定が複数設定可能です。
  • 設定項目:領域DRC領域内線幅、領域内ビア。
  • 配線時は設定を変更せずに自動で線幅やビアサイズが変更されます。
領域DRC設定

角度指定の領域DRC

角度指定の領域DRC