よくあるエラーの対処方法

CADLUS全シリーズ、CADLUS PCB(X,Z共通)、PCBデザインチェックにて、ツールボタンやメニューをクリックした時に、下記エラーメッセージが表示される場合があります。

よくエラー時に表示されるライブラリモジュールとファイルが見えない状態への対処方法を掲載しております。

1.インストール後のご確認(全共通)

※管理者権限(Administrator)を持たないユーザーでご使用の場合などは、実行権限の変更をする必要があります。

※起動後にエラーダイアログが表示された 場合はそのファイル名をメモしてご連絡下さい。

  1. インストール後、アイコンを右クリック、[プロパティ]>[互換性]のタブを開きます。
  2. “管理者としてこのプログラムを実行する”のチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックしてください。

2.エラー対処バッチファイルの実行

「ダウンロード実行」からエラー対処バッチファイルをダウンロードし実行していただくか、または、下記の「エラー対処方法」を参照してコマンド入力をお願い致します。

バッチファイル対応OS:Windows Vista、XP、7、8 (32bit、64bit対応)

エラー対処バッチファイルのダウンロード

  1. ダウンロード実行
  1. ダウンロード保存の後、「EditReg.zip」をデスクトップに解凍して下さい
  2. 解凍後の「EditReg.bat」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックして下さい。
  3. 「[0] Install 」を選択し、[Enter]キーを押して実行します。
  4. 次にエラー発生時のファイル名を[0]~[4]から選び、該当の数字を入力し実行して下さい。
  5. [0]~[4]に該当のエラーファイル名が無い場合は、ファイル名を入力して実行して下さい。
  6. 完了しましたら起動したウィンドウを閉じて完了です。

3.エラー対処方法

上記1、2の方法でエラーが改善されない場合は以下を参考にコマンド入力の実行をお願い致します。

 

XXXXXXX.XXXの箇所をエラー表記されたライブラリーファイル名(MSSTDFMT.DLLやMSMAPI32.OCX、THREED32.OCX、TABCTL32.OCX、COMDLG32.OCXなど)に置き換えて下さい。
ファイル名ですので大文字でも小文字でもOKです。

Windous XPの場合

  1. スタートボタンをクリック
  2. 全てのプログラムの「アクセサリー」の「コマンドプロンプト」を右クリック
  3. 「別のユーザーとして実行」をクリック
  4. ”●次のユーザー”のオプションボタンをクリック
  5. ユーザー名から”Administrator”を選択しパスワードを入力後[OK]ボタンをクリック
  6. 下記のコマンドをキー入力して下さい。

Windous Vista、7 の場合

  1. スタートボタンをクリック
  2. 全てのプログラムの「アクセサリー」の「コマンドプロンプト」を右クリック
  3. 「管理者として実行」をクリック
  4. 下記のコマンドをキー入力して下さい。

Windous 8 の場合

  1. ウィンドウズキーを押しながら”X”キーを押し、”コマンドプロンプト(管理者)”をクリック
  2. 下記のコマンドをキー入力して下さい。

※”コマンドプロンプト”ではコマンドが反映されませんので、必ず”コマンドプロンプト(管理者)”をクリックして下さい。

入力コマンド32ビットOSの例

※コマンド入力後は [Enter]キーを押して実行します。

  • regsvr32 C:\WINDOWS\SYSTEM32\XXXXXXX.XXX

入力コマンド64ビットOSの例

  • regsvr32 C:\WINDOWS\SYSWOW64\XXXXXXX.XXX

尚、C:\WINDOWSはOSのインストールフォルダーになります。
実際に存在する場所をエクスプローラでご確認後、そのパスを指定して下さい。

補足

補足:レジストリの登録が上手くいっていない場合。
下記コマンドで一度レジ登録解除を行い再度、上記コマンドでレジ登録を行なうと解消されるケースが有ります。

入力コマンド32ビットOSの例

  • regsvr32 /u C:\WINDOWS\SYSTEM32\XXXXXXX.XXX

入力コマンド64ビットOSの例

  • regsvr32 /u C:\WINDOWS\SYSWOW64\XXXXXXX.XXX

4.ファイルが見えない状態への対処方法

ファイルが見えない状態への対処方法は3通りございます。 以下の方法をお試しください。

①保存先をユーザーフォルダに指定して保存

  1. マイドキュメント内に「COMP」フォルダを作成
  2. CADLUSを起動後、保存希望のファイルを開います。
  3. 「ファイル」ー「基板データの圧縮・保存」で保存ウィンドウを立ち上げます。
  4. 保存先を先ほど作成していただいた「ドキュメント」-「COMP」フォルダをご指定下さい
  5. 下記のコマンドをキー入力して下さい。

②他の場所に存在してないかを確認

Windows7ではCドライブ(OSがインストールされたシステムドライブ)の下にファイルを作成すると別の場所に作成される状況の場合がございます。
Cドライブ下に作成したつもりのファイルは次の場所にある場合がございます。

  • C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\
  1. 上記の場所へ移動する場合は、Windowsキーを押しながらRキーを押すと表示されます
  2. [ファイル名を指定して実行]に「%LOCALAPPDATA%」と入力し[OK]をクリックすると表示されます。
  3. 表示されたフォルダ内に「COMP」、「PCB」フォルダやファイルが存在するか確認ください。

③フォルダセキュリティの変更

  1. 鍵付きフォルダの場合にセキュリティ設定を変更いたします。
  2. 鍵付きフォルダを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  3. プロパティウィンドウが表示されたら「セキュリティタブ」を開き「詳細設定」で詳細設定ウィンドウを開きます。
  4. ここで現在の所有者をご確認ください。また、ウィンドウ内の編集をクリックして所有者を確認ください。
    以下は、正常な場合の例です。ご参考にして下いただき所有者に間違えがある場合は編集内で変更をお願い致します。



サイト内検索

実行時エラー等のファイル名を入力し検索可能です。(例:MSSTDFMT.DLL